ニトリが島忠のTOBに横やりを入れているというニュースを読んだ。

ニトリ会長は厳しい時に攻めるという戦略をとる人で、

このコロナ禍にこそ攻める、という姿勢だそうです。

 

敵対的買収は好きではないですが、このニトリの横やりは

敵対的買収ではないようです。外からどう見えるかどうかは別として・・・。

 

この攻める姿勢&度胸があるからこそ、ニトリはここまで大きくなれたんですね。

経営者としてやれそうでなかなかやれないことです。