もしもの話は好きではないですが、

もし僕が病気か事故かで突然この会社からいなくなったら、

従業員たちはその後の人生をうまくやっていけるだろうか・・・。

 

僕はまったく従業員を怒ったことはないし、

ミスはほぼほぼすべて自分で被ってきました。

もちろん、従業員たちの努力は否定しませんが、

それでも、居心地はとても良いと思います。

今の居心地の良い状況が永遠に続くことなんてきっとない。

 

どんな会社でも生きていける能力を身に着けることこそ

重要だ、と言い聞かせてますが・・・。

 

「人は低きに流れ、人は易きに流れる」

これって抗いようのないことですね。